モニター様の依頼より

今回は、先日から始めたセッション、

『絵手紙を君に』

のモニター様に宛てた手紙と絵を、

許可を得て、公開致します。

暑い、厳しい気候の谷。
その上空を、
小鳥は、蝶の様にクルクルと舞う。
遠く離れた上空で、
見ている、地上を。
どうしてだろう?
いつも小鳥は疑問だ。
恨んだり、憎む氣持ちも、
辛く悲しい氣持ちも湧いては来ない。
なぜなら、

空の広さを知っているから。
ただ、ここに来れば良いのに、
そう、いつも独りごちるだけ。

スウィングする様に、
羽を動かさず、この波に乗る。
それを身体でイメージする。
腹の底から大きな笑い声が、
どんどん出てくる。
それと一緒に、
いつか一人で見た夕焼けも、
痛みを堪えながら、乗り越えた事も、
闇雲に走った日のことも蘇る。
それを、

無理やり吹き飛ばす事はない。
トンネルに入ると、
それは剥がれては落ち、

剥がれては落ち、

立ち上がって手を振っている。
『さようなら。』と、
自動運転のあなたの車は、
滑らかにカーブに添いながら、
進んで行く。
振り返る必要などないのだ。
後ろ手にちょっと、手を振って、
独り言の様に、
『さようなら。』

と告げるだけで良い。
トンネルを抜けた時の

眩しさに備えて。
。。。。。。。。。。。。。。。。

美しい詩でした、まるで。
この方は、自分は自分、

他人は他人、ということを、

よく分かっていらっしゃるし、

皆んなが、

より平和に生きられる様に

願っているなあと思いました。
激しく強い生き様ではないのです、
けれど、自分の道を飄々と、
自由に行かれるのでしょう。
雨上がりの様な、

清々しいものが、私には残りました。
読む時によって、
表情を変える一編ですよね、
我ながら、面白いセッションだなと、
自画自賛!
。。。。。。。。。。。。。。。。。

ご興味が湧いた方は、是非、

モニター応募されて見てくださいね。

料金は送料込みの四千円です。

お申し込みはこちら✳︎
↑をクリックして、必要事項と、

テキストエリアに

モニターと書いて送信して下さい。
にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ
にほんブログ村応援クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

投稿者:

shimanukimegumi

ペインティングヒーラーの島貫めぐみです。 元より、絵や文章に親しんで来た事で、 ヒーリングやチャネリングのセッションに、絵や詩を盛り込んでいます。 どこにもない、あなたの為だけの、アート作品とも言えるそれは、 今後の生き方へのアドバイスや、悩んでいる事へのヒント、 一歩前進したい時の後押しが記されています。 必要な時は、お申し込み下さい、心を込めて、 お手元にお届けいたします。

コメントを残す